一般社団法人 機動隊員等を励ます会

成田国際空港警備隊創設40周年記念式典(2018年7月20日 成田国際空港警備隊隊庭)

成田空港の警備を専門に担当する成田国際空港警備隊は、成田空港開港直前の昭和53年3月、過激派に管制塔が占拠された事件を受けて同年7月に発足しました。全国の警察からの出向者を含む約1500人で構成され、空港内や周辺の警備、テロ警戒などを担っています。式典には警察庁の三浦正充次長や森田健作千葉県知事らが出席し、隊員の家族や歴代隊長が見守る前で一糸乱れぬ行進を披露しました。